買取のやり取り

電卓を持っている手元

今では大抵の地方の中小都市内などにも、古書などを扱う買取り専門店などが多く存在しているような状態です。
そういった買い取り専門店などにおいても、それぞれで買取り相場の違いがあるような感じのようです。
古書などの場合、文庫本で現価300円程度のものであれば、高値のところで120円程度、安値のところでは80円から50円程度の買取価格の相場であるのが普通な感じがします。

しかし、古書は著者や既に絶版になっていることなどから古書専門店に買い取ってもらった場合は思いもよらないような高値がつくこともあります。
店舗によって判断基準が異なるので安い場合もあれば高い場合もあると思います。それが古書買い取りのおもしろいとことも言えます。
よくあるリサイクルショップでは一定のルールに従って買取り価格が決まるのでただの古い本と判断されてしまっているようです。

こういったものは知らないまま売ってしまうと損をしてしまうかもしれません。
次の記事では販売価値の高い古書を買い取ってくれるお店について説明していきます。

本を読んでいる女性

古本屋について

古書店と古本屋は異なる部分が多いです。古書店は鑑定士の方が個人でやられている場合が多いです古本は市場規模も需要も大きいため、企業が力をいれているものも多いです。その違いや特徴を声明しています。

メガネが置いてある古書

懐かしいあの本が…

しばらく帰っていない実家や田舎のおじいちゃんの家には見たこともないような古い本や写真集などがあったりします。そういったものは一見ボロいだけの本に見えてしまうかもしれませんが、実は…。

ページが開いている古書

遺品整理の際に

遺品整理の際に出てきた本の処分に困っていたときに古書のことを知りました。お金を払って処分するつもりの本が意外な買い取り価格になりました。知らなかったら普通に損をしていた所です。

芝生で読書している女性

記事一覧

「古書の買い取りは古本屋ではなく古書店がおトクなんです!」の記事一覧です。