懐かしいあの本が…|古書の買い取りは古本屋ではなく古書店がおトクなんです!

懐かしいあの本が…

メガネが置いてある古書

実家や田舎のおじいちゃんの家で日に焼けて一部が茶色くなった本などを見たことはありませんか?
そういったものはゴミとして捨ててしまったり、まとめて古本として処分してしまったりしていませんか?

もしかしたら、それらの本は古書と呼ばれるのもので専門店に買い取ってもらうことでお小遣いくらいにはなってかもしれません。
そもそも古書というのもは古本と同じもものと考えられがちですが、実は微妙に違います。

私の勝手なイメージですがよくある「古本屋」で扱われている新しいコミックや文庫本は古本です。
明確にはまだメーカーや他のお店で新品で簡単に購入できるもので最初の持ち主から次の持ち主に変わるものを古本と呼ぶそうです。

では古書の定義というと、古本とち近いのですがメーカーや他のお店で新品で簡単に購入できないものを指すそうです。
再販されることがなかった絶版の古い本はこの古書に定義されることになります。

もちろん文庫本だけでなく、辞典や写真集、海外のものなど本の形をしていればまとめて古書と呼びます。
このようにデッドストックしかない状態なので需要は少ないものの手に入りにくい分高値になることがあるというわけです。

自分にはボロい本としか見えていなかった古書も実は…歴史的価値がある、有名な著者の最後の作品、コレクターからしたら堪らない一冊という可能映画あるわけです。
もちろん、ほとんど価値がなく二束三文しかならなかったということもあります。

過度の期待をするとがっかりすることが大半だとは思いますがそれでも手間を惜しまないようであれあしかるべきところに買い取ってもらうことをオススメします。